GEMÜ の Web サイトでは Cookie を使用しています。弊社のサイトをご利用いただく際,お客様にそのことをご承諾いただく必要があります。設定を個人的に調整するには,こちらをクリックしてください。.

GEMÜ の経営陣

2 代にわたる技術者魂

GEMÜ グループに発明者魂と企業家としての広い視野を植え付けたのは,創業者の Fritz Müller です。創業からまもなく 50 年という段階で,Fritz は会社の経営を息子の Gert Müller と甥の Stephan Müller へと受け継がれました。

1963 年に世界初の PVC 製プロセスバルブの開発に成功したのを機に,Fritz Müller は 1964 年に GEMÜ 社を興しました。その経営を引き継いだ息子の Gert Müller と甥の Stephan Müller は,斬新な技術と製品アイデアで創業者のパイオニア精神に新たな息吹を吹き込みました。

プロダクトイノベーションが成長の原動力

世界最初のシングルユース・ダイアフラムバルブ GEMÜ SUMONDO<sup>®</sup> のような画期的な新製品から,WFI ループにおける信頼性を高めた GEMÜ 650TL のようなニッチ市場製品まで,GEMÜ はプロダクトイノベーションをテコに,お客様の個別ニーズに即したカスタマイズソリューションと,新しいアプリケーションの開発,新市場の開拓を通じて健全な成長を遂げてきました。

確かな未来展望

「お客様や,私たちの従業員,そしてビジネスパートナーに確かな未来展望を保証するために,私たちはファミリー経営体制を堅持します。」経営継承の際に,現オーナーの Gert Müller はこのように強調しました。

ファミリー内と社内の風土を重視

二人の経営トップは血縁者として共通の価値観で結ばれ,それを日々の執務でも実践しています。それはリスペクトと評価,相互支援と信頼です。