主な出来事

GEMÜ には企業として 55 年を超える歴史があります。すべての始まりはプラスチック製のプロセスバルブでした。それ以来,成功と成長の歴史を刻んできました。技術革新と団結を特徴とする企業文化により GEMÜ は,あらゆる課題と 1990 年代初めの大火事や洪水被害といった試練を克服し,国際的な成功を収めた家族経営企業へと発展してきました。GEMÜ は今日では 2 代目のマネージングディレクターであるゲルト・ミュラーと,その従兄弟のシュテファン・ミュラーに率いられています。

インゲルフィンゲン・クリースバッハの GEMÜ 本社

創業者のフリッツ・ミュラーは,最初のプロセスバルブを両親の家と自宅のガレージで開発・製造しました。今日では GEMÜ は バルブ技術,計測技術,制御システムにおける世界的リーディングカンパニーで,その革新的な技術により何度も表彰されています。

PD テクノロジーを搭載したフィリングバルブ
GEMÜ テストスタンド

最初の特許から技術企業へ

最初に開発した製品でさえも市場に多大なインパクトを与えました。重量のある金属製のものに代わって,耐性プラスチック製のプロセスバルブが製造されたことです。今日では約 100 名の従業員が,研究開発センター GEMÜ ドームの研究,開発,設計分野で革新技術を採用した製品を求めて尽力しています。

 

GEMÜ 製品とテクノロジーに関する詳細