GEMÜ ドーム

イノベーションと最先端技術

2009 年の初め,GEMÜ はニーデルンハル・ヴァルトツィンメルンの拠点に,研究・開発部門およびエンジニアリング部門に特化した最新鋭の新社屋を建設しました。

現在,総面積 6,000 m² の建物で,100 名を超える GEMÜ のエンジニアおよびその他の技術スタッフが,最新世代のバルブや計測・制御システムの研究に取り組んでいます。

個別ソリューション

GEMÜ ドームでは,基礎開発のほか,カスタム仕様のバルブや計測機器および制御機器の開発・設計を行っています。そのため,建物内には試験部門や試作品の製造部門があります。新製品は研究開発の段階でここで綿密にテストされます。

GEMÜ グリーンエンジニアリング

GEMÜ の新しい製品や機能は,常にグリーンエンジニアリングの原則を念頭に置いて設計されています。材料とエネルギーを環境にやさしい最適な方法で使用することは設計段階の要件として記載されています。

グリーンな建築設備

研究開発センターも,持続可能性の原則に基づいて設計,施工されています。たとえば屋上には,太陽光発電システムが設置されています。この設備は太陽追尾型で位置調整が可能なため,発電効率が大幅に向上し,その結果,最大発電量は約 21.3 キロワットで,年間 18.1 トンの CO2 削減につながっています。