GEMU's websites make use of cookies. If you are using the site, this means that you agree to the use of cookies. To implement personal settings, click こちら

工程管理

単品生産から量産まで

GEMÜ の場合,新製品開発プロジェクトは 5 段階のステップで構成されます。個々のステップが終了するごとに,レビューを作成し,次のステップの着手にゴーサインを出します。カスタマイズソリューションは基本的にステップ 3 がスタート地点となります。

ステップ 1: コンセプト

新製品の要求事項を設計仕様書で定義します。続いて設計検証とコンセプト検証を実施します。特許出願の価値の有無を見極め,暫定的な規制対応戦略とリスク/コスト分析を作成します。

ステップ 2: 製品開発

プロジェクトの詳細プランニングのために,設計仕様書をもとに,要求仕様書を作成します。承認後に製品開発に着手します。そのために CAD データを生成し,プロトタイプを製作します。製造プロセス (試験プランを含む) を立案します。製品のロゴとパッケージを決定します。

ステップ 3: プロセス開発

プロセス開発では,製造用治工具,検査装置を設計製作し,サンプルを作ります。それと並行して,認定プロセスを実行します。生産ガイドラインを作成し,従業員に学習させます。認定により,製造用治工具,およびプラントの機能適性が証明されれば,プロセス開発は終了です。

ステップ 4: プロセスの認定

認定プロセスの手始めは,設計およびドキュメントの凍結,変更管理の開始です。3 つの検証プロセスにより,プロセスの妥当性を証明します。そのために,プロセス文書に従って,非量産製品を量産段階に準じたロットサイズで製造し,テストします。希望に応じて,テスト対象範囲を広げることもできます。検証後,製品を登録し,生産開始を承認します。