GEMU's websites make use of cookies. If you are using the site, this means that you agree to the use of cookies. To implement personal settings, click こちら

GMP の適用を受けるプラントコンポーネントを,

RFID を使用してペーパーレスで保守管理

製薬・バイオテクノロジー分野で活動する企業および OEM は,生産工程が GMP(医薬品・医薬用外品の製造管理および品質管理基準)に適合していることを証明するために,さまざまな工程について詳細な記録を作成しなければなりません。そのためにチェックリストや保守作業記録,プラントの図面,在庫品リストを作成,管理するとともに,個々のシステムコンポーネントに正確に識別できる方法で標識を付けることも必要となります。

デジタル ID と改変不可能な記録の作成

RFID 技術の使用により,プラントのコンポーネントにデジタル方式で改変不可能な標識を付け,対応する情報を電子的に読み取り,保存し,処理するという,まったく新しい可能性が拓けてきます。そのために,個々のシステムコンポーネントに RFID チップを取り付けます。そのほか,モバイル,ステーショナリー両様のソフトウェアソリューションからなる IT インフラを構築する必要があります。プラントの重要なコンポーネント(バルブなど)とその部品に,連続番号を与えて一意的に追跡できるようにすれば,RFID リーダーを使っていつでもコンポーネントを特定できます。

ペーパーレスの保守管理と拡張サービスアプリケーション

モバイルソフトウェアは「据付時適格性確認(Installation qualification=IQ)」プロセスの簡易化に寄与するだけでなく,将来的に保守作業プロセスの信頼性向上と作業記録作成の改善にも役立ちます。保守作業員は,個別に構成され,適宜編集可能な保守作業プランに従って作業すればよく,作業指示書や検査証明書,テスト書類などに記載されたすべての必要な情報を直接呼び出すことができます。そしてこのようなパッケージを補完するのが,オプションとして提供される保守作業ログブックと写真ドキュメンテーション作成機能です。

以下の対話形式のアプリケーションは,左マウスボタンのクリックで快適に操作できます。赤色マークの付いたテキストフィールドはすべてクリックできます。希望するバルブをクリックした後,メニュー項目「RFID-Info」または「保守」を選択します。プラント全体は,マウスボタンを押し続けて,旋回させることができます。個々のバルブも同様です。「情報(Information)」領域にはズーム機能があり,ダブルクリックすると,この機能が有効になります。
このアプリケーションは,ドイツ語版と英語版が用意されています。英語に切り換えるには,そのために用意された右下のボタンをクリックします。