本 Web サイトでは Cookie が使用されています。

弊社は Web サイトおよびオンラインショップにおいて,技術的におよびお客様からのお問い合わせの処理に必要な Cookie を使用しています。さらに弊社はトラッキング Cookie も使用しており,弊社 Web サイトの内容・構成・レイアウトなど を最適化し,サイトをより魅力的なものにすることに役立てています。 ...

詳細については,個人情報保護宣言をご覧ください。 データ保護方針

便利な Cookie

これらの Cookie は GEMÜ の Web サイトの各種機能をご利用いただく上で欠かすことができないものであり,無効にすることはできません。ただし,ご使用のブラウザの設定を変えることで無効にできる可能性もあります。

Web 分析 Cookie

ご使用のブラウザに一意的な Web 分析 Cookie を設定し,Web サイトの運営者が種々の統計データを取得および分析できるようにすることを許可するかどうかを選択することができます。設定を許可したくない場合には,以下のリンクを クリックして,ご使用のブラウザに Piwik 無効化 Cookie を設定してください。

現時点で GEMÜ の Web サイトは,複数のブラウザの設定,ないし複数のユーザーアカウント設定を一括保存する機能に対応していません。また,ご使用のブラウザのセキュリティ設定によっては,ブラウザ終了時に GEMÜ が設定した Cookie が消去され,次回のセッションで Cookie を使用できない可能性があります。ブラウザを閉じた後,別のブラウザに切り換えた後,または複数の PC をご利用の場合,弊社の Web サイト閲覧時に一連の設定を改めてやり直す 必要が生じる可能性があることをご承知おきください。

バーチャルリアリティ

技術トレーニングを新たに考案

GEMÜ の高品質のバルブ機器,測定機器,制御機器は製造プラント内において重要な要素です。正しく取付け,保守が行われていることが,システムを効率よく,そして最適なサイクルで稼働するための前提条件です。そのため,実践的な従来のサービストレーニングに加えて,弊社のサービスチームが理想的なバーチャルリアリティトレーニングモジュールを開発しました。このモジュールは特に,ダイアフラムバルブのメンテナンスをサポートします。

GEMÜ のビデオストリーム:バーチャルリアリティで将来に向けて学ぼう。

没入型学習

理論的学習と実践的学習を関連づけることによって,作業手順の習得力も向上します。そのため,ダイアフラム交換の GEMÜ サービストレーニング参加者には,実際の製品を使用した実践的なトレーニングの前に,理論に関する導入学習が行われます。その後に,オプションで VR トレーニングを体験することができます。VR トレーニングは,作業プロセスに沿った学習によって,習得した知識をさらに深めることができるものです。
これらのトレーニングは,参加者が楽しめることと,日々の業務で実際に適用できるように作られています。ゲーミフィケーション要素によってさらなる学習インセンティブが得られ,トレーニングをユニークな体験として感じられます。

VR アプリケーションの内容

  • - 作動方法を学ぶための様々な課題を含んだ導入モジュールは,楽しんで学べるトレーニングの「モチベーション源」です。
  • 一つ一つ段階を踏む方法でトレーニングが進められるため(「トレーニングモード」),途中からでも迅速かつ確実に再スタートできます。
  • インフォメーション機能やヘルプ機能のない,いわゆる「テストモード」(オプションでデジタル認証,エラー記録も表示可能)による習得度の自己診断。

バーチャルスペース(仮想空間)のメリット

バーチャルスペース(仮想空間)のメリット

  • 環境の変化(トレーニングルーム / 作業台から VR ルームへ)とそれによる視覚的刺激を通じた,学習体験の強化
  • VR 学習に没入することで,身に付けた知識を素早く呼び出せる
  • 実用に即した相互作用と作業手順による高い学習効果

すべての VR トレーニングでは,豊富な経験をもつ技術トレーナーが付き添います。技術トレーナーは実際のダイアフラム交換トレーニングも行います。

RFID によりサポートされたメンテナンスのメリット / GEMÜ CONEXO

GMP に基づいた生産を行うことから,メンテナンス頻度の最適化あるいは摩耗部品の迅速な追加発注まで,RFID 技術によりプラント構成部品をデジタル方式で識別し,情報をデータにて蓄積,保護,そして処理するという,まったく新しい方法を提供いたします。

 

VR トレーニングには,保全システム CONEXO を使ったメンテナンス作業をシミュレーションする専用のモジュールもあります。トレーニング参加者はここで保守手順の知識を深めながら,RFID リーダー / ペン,タブレット上のアプリの使い方も学習します。とりわけダイアフラムの検査,その状態をアプリで評価することが関連します。ダイアフラムの評価についての情報は,実際の現場では中央管理部門に送られ,次回の点検時期を決めるための基準として利用できます。

世界のどこでも受講可能

VR トレーニングは現在,弊社の本社があるドイツ,フランス,オーストリアなどすでに多くの国で即時,実施可能です。モバイル式の VR 装置を用いた社内研修は,お客様の現場で実施可能です。さらにオプションとして,拠点間のバーチャル接続ができます。VR を備えた拠点と,バーチャルな「サイバー教室」で交流し,課題について協議したり製品説明を行ったり,製品を試しに動かしたりといったことが可能となります。これは,とても現代的かつ経済的な方法です。