GEMÜ の Web サイトでは Cookie を使用しています。弊社のサイトをご利用いただく際,お客様にそのことをご承諾いただく必要があります。設定を個人的に調整するには,こちらをクリックしてください。.

GEMÜ プラスチック製ダイアフラムグローブバルブ

耐性のあるバルブ技術

  • 用途および分野
  • バルブの構造
  • Technical data

用途および分野

GEMÜ iComLine® シリーズは,マイクロエレクトロニクスと半導体産業向けに開発されました。しかしながらこのシリーズの 2/2-way バルブとマルチポートブロックバルブは,他のアプリケーションにも使用できます。たとえば,高機能性プラスチックの PTFE と PVDF でできたこのバルブは化学メーカーから引き合いがあるほか,エメン市のクリーンルーム工場で製造されるため製薬,バイオテクノロジー,化粧品産業でも使用されます。

 

バルブの構造

全閉時にダイアフラムはシートと密着してバルブをシールします。プリテンションスプリングがこれをボディに押し付けます。またスプリングには外部に対する気密性を保証する働きもあり,温度変動が起きても,また過酷な使用条件下でプラスチック部品がへたりを起こしても密閉性が損なわれることはありません。

GEMÜ 567
567
Clamp; Spigot
Pneumatic
1.4435, block material
10 bar
160 °C
-10 °C
GEMÜ C50
C50
Flare; Pillar
Pneumatic
PTFE
6 bar
150 °C
-10 °C
GEMÜ C51
C51
Flare; Pillar
Manual
PTFE
6 bar
150 °C
-10 °C
GEMÜ C57
C57
Flare; Pillar
Manual
PTFE
6 bar
150 °C
-10 °C