プロセスソレノイドバルブ

電磁式アクチュエーター付きバルブ

創業者であるフリッツ・ミュラー(Fritz Müller)は,すでに 55 年以上前に世界初のプラスチック製プロセスソレノイドバルブを開発しました。GEMÜ は長年にわたり,この分野におけるノウハウを継続的に構築してきました。今日では GEMÜ は他のアクチュエーターシステムを装備したバルブに加えて,不活性および腐食性の,気体ならびに液体向けのプロセスソレノイドバルブを提供しています。GEMÜ のソレノイドバルブのメリットについてお客様ご自身で納得され,適切なバルブ選定の際にご案内が必要な場合は, ゲミュージャパンまでお問合せください。

高速開閉動作に最適なバルブ

プロセスにおいて使用され,電磁式アクチュエーターで作動するすべてのバルブが,プロセスソレノイドバルブに該当します。これらのバルブは,きわめて高速な開閉動作に対応できるためドーシング設備によく使用されています。

用途例

  • 水処理,洗浄および浄化設備
  • 食品製造設備,食品産業,化学工業,電気めっき関連設備
  • 光学産業,実験室,分析および医療機器製造設備

高い使用流体圧力向けの革新的なダブルベローズ原理

ソレノイドバルブの場合,ストロークの短いグローブバルブの構造のものが組み合わさることが多いようです。しかし磁石の力が限られているため,プロセスソレノイドバルブは通常小さな動作圧力で運転されることになります。そのため GEMÜ は,圧力を補正するためのダブルベローズシステム(特許取得)を開発しました。これによりプロセスソレノイドバルブ GEMÜ M75 は,すべての呼び径において 0.6 MPa の動作圧力でも使用することができ,しかもソレノイドのサイズもコンパクトなままです。従来のソレノイドバルブと比較して圧力補償原理がどのように機能するか,動画をご覧ください。

パイロットバルブもソレノイドを備えていますが,空気操作式アクチュエーターの作動のみに使用されています。GEMÜ はパイロットバルブにおいても幅広い製品ラインナップを提供しています。製品概要でご確認ください。