GEMÜ の Web サイトでは Cookie を使用しています。弊社のサイトをご利用いただく際,お客様にそのことをご承諾いただく必要があります。設定を個人的に調整するには,こちらをクリックしてください。.

バルブコンフィグレーション

液排出の可能性を改善

GEMÜ は,限られたスペースでより高度の機能性を実現するため,3 種類の可能性を提供しています。

W600: T 型フィッティングが不要に

GEMÜ のタンデムバルブ W600 は,2 個のバルブボディを互いに直接溶接してつくられます。ボディの配置はアプリケーションによって決まります。メリット: 

  •  T 型フィッティングを省略できるので,コスト的に有利でデッドスペースが減少する
  • 溶接シームが 2 個少なく,デッドスペースが減少する

i 型ボディ: マルチポートブロックバルブ M600 の,コスト的に有利な代替品

従来からの 2/2-way ボディの変種が GEMÜ i 型ボディです。「i」は,サンプリングバルブ,蒸気バルブ,ドレン排出バルブを「一体化した」(Integrated) の意味です。バルブボディは鍛造品として,またはソリッドブロック素材から製造されます。従来からのサンプリングバルブまたはドレン排出バルブと比較した場合,i 型ボディには以下のメリットがあります: 

  • 溶接シームが少なく,デッドスペースが減少する
  • 追加の機能性,水平スピゴットが存在
  • 縦位置取付けの場合,3-D ルールによる液排出が可能
  • 空気操作と手動の 2 つのアクチュエーターを両側に配置可能