GEMÜ の経営

2 代にわたる技術者魂

第 2 世代

GEMÜ グループに発明者魂と企業家としての広い視野を植え付けたのは,創業者のフリッツ・ミュラー(Fritz Müller)です。会社の設立 50 周年を目前に,フリッツ・ミュラー(Fritz Müller)は自らのライフワークを第 2 世代にバトンタッチしました。それ以降は,彼の息子でマネージングディレクターであるゲルト・ミュラー(Gert Müller)とその従兄弟の取締役、シュテファン・ミュラー(Stephan Müller)が家族経営企業の将来に向けての舵取りを担っています。

 

オーナーが操業する独立系家族経営企業

GEMÜ は創業以来,独立系家族経営企業であり,それは今後も変わりません。家族経営企業の経営者は,継続性と,持続可能性によって培われた企業文化を象徴しています。この企業文化には,従業員が企業の一部であるということも含まれています。このことは特に,毎日のビジネスライフの中で積極的に行われている尊敬,関心,相互のサポートに表れています。

 

持続可能な企業活動

GEMÜ の経営は,従業員ひとりひとりに自己責任に基づいた業務を要求すると同時にそれを支援し,また,それに必要となる裁量を与えています。企業としての決断は,持続可能性と長期的な成功の見通しがあるかどうかに基づいて行われています。このように,GEMÜ は将来への明確な展望を顧客,従業員,ビジネスパートナーに提供しています。