GEMU's websites make use of cookies. If you are using the site, this means that you agree to the use of cookies. To implement personal settings, click こちら

GEMÜ の持続可能性

環境保護と社会活動

田園地帯の広がるコッヘル渓谷に本拠を構える GEMÜ は,環境と次世代に対する自らの責任を非常に強く意識しています。

最初の製品となったプラスチック製ソレノイドバルブを市場に送り出した 1964 年以来,GEMÜ は経済性の向上と省資源化を表裏一体の目標として掲げ,その実現に取り組んできました。その結果,50%の材料節約と,バルブ寿命の大幅な向上を達成できました。

コミットメント

こうしたアプローチを創業者の Fritz Müller と GEMÜ の従業員は忠実に実践してきました。後継者の Gert Müller と Stephan Müller も,創業者が引いた路線を堅持しています。2011 年に GEMÜ は,持続可能性に関するすべての活動を統合し,「グリーンエンジニアリング」とう名称で活動を開始しました。開発,製造,加工,製品輸送のすべての段階で,資源とエネルギーの消費を極力減らすことがその目標です。

結果重視

持続可能性向上の面で成果を出すために,GEMÜ では,従業員の意識改革に加えて,指標値と最新技術の活用も重視しています。中でも,グループの生産,組立て,製品発送の大きな部分を受け持つドイツ国内の拠点では,毎年指標値のチェックを行っています。ISO 14001 認証の枠内で外部エキスパートによる監査も実施しています。さらに,年間を通じて消費動向を定期的に監視し,消費増加の兆しを早期に発見し,対策を講じる仕組みを導入しています。

(Kopie 2)

" クリーンプロダクション"" クリーンプロダクツ"" クリーンプロジェクト"
クリーンプロダクションクリーンプロダクツクリーンプロジェクト

従業員保護と社会的責任

GEMÜ の持続可能性活動には,環境保護のほかに,労働安全と従業員の健康管理,さらには拠点単位での社会的プロジェクトの支援が含まれます。その具体例として,生産現場の危険物質濃度の引き下げ,さまざまな健康増進プラン,製造工程で使用する危険物の減少,南米とアフリカの児童養護施設に対する資金援助などが挙げられます。